MENU

すぐにでも会社を辞めたい30,40,50代の相談解決方法

「こんな会社、辞めてやる!」辞めたい人に知ってほしい対処法と就活サイトQ&A

 

「こんな会社、辞めてやる!」そう、思った経験は社会人であるならば殆どの人が考えた経験が
あると思います

 

「お金が欲しいから」ほとんどの人は、どこぞの企業に就職して働くわけです。
勘違い上司から「お金で買えない価値がある」とか「自己実現のために働け」とか言われても、貰えるお給料が少なかったり、貰えるお給料に見合わない労働環境であれば、「こんな会社、辞めてやる!」

と思うのは、当たり前のことでしょう。

 

セクハラ、パワハラ、会社の中での人間関係、お給料の少なさなどなど、昨今の労働環境はブラック化の一途を辿っています。

 

しかも、一度ブラック化した企業が、ホワイト企業に戻ることはなく、労働環境位を変えるには、転職以外に方法はありません。

 

「でも、今ある仕事を手放して、転職するのも怖いし……」という悩めるアナタのために、まずは「早く仕事辞めたい」とアナタに思わせる労働環境を変えるヒントをご紹介したいと思います。

 

 

「パワハラ・セクハラ・イジメで会社を辞めたい!」にはどう対処すれば良い?

強い立場の人間が、弱い立場の人間に行う「パワハラ」「セクハラ」「イジメ」
どちらも男性が女性にするイメージがありますが、今の時代、女性から男性へのパワハラも、セクハラも、イジメもあります。

 

ただ、男女どちらが被害に合うにせよ、パワハラもセクハラも、イジメも決して許されることではありませんし、会社としてもそのまま放置しておいて良い問題ではありません。パワハラ・セクハラ・イジメ、そのどちらも放っておけば、大きなトラウマとなるだけでなく、「鬱」などの精神疾患の原因になってしまうことがあります。

 

 

それでは、そんなパワハラ・セクハラ・イジメに対しては、どのような対処を行えば良いのでしょうか?

 

 

 

[STEP@]同僚や上司に相談する

とりあえずの方法として、自分1人で悩まずに、会社の中の誰かに相談することは重要です。パワハラもセクハラも、法律的にはグレーゾーンかも知れませんが、それだけで会社を辞めるに足る十分な理由になります。

 

ただ、周囲の助けがあることで、パワハラもセクハラもイジメも、どちらも歯止めとなる場合があるので、1人で悩んでないで、まずは信頼出来る人に相談することをおすすめします。

 

もしかすると、アナタが周りに話したことで、何かが変わるかも知れません。
少なくとも、アナタが相談することにより、裁判沙汰になった時などの「証拠」を残すことは可能です。

 

しかし、同僚や上司に相談したところで、必ずしもパワハラ、セクハラ、イジメが解決するわけではありません。もし、相談して解決すれば、それはそれで良し。解決しなければ、次のSTEPへと進みましょう。

 

 

[STEPA]労働局に相談する

同僚や、会社の上司にセクハラ、パワハラ、イジメを相談したければ、何の解決策も打ってくれない。むしろ状況が悪化した――この場合、自分の身を守るために、やれる選択肢は決して多くはありません。

 

セクハラ、パワハラ、で会社がアナタの味方につかなかった場合は、以下の方法のうち、どれか、或いは全てを行う必要があります。

  1. 会社を辞める(転職する)
  2. 労働局に相談する
  3. 法的措置を取る

 

今すぐ、会社を辞めて転職活動をするのも、1つの手でしょう。
ただ、今すぐ会社を辞めることができないのなら、せめて現状が改善するために、労働局に相談する、というのも1つの手です。

 

法的措置は今すぐで無くとも後でいくらでもできます。
もちろん、お金も、時間もかかってしまうので、弁護士に依頼する、警察に駆け込むのは最終手段と言えるでしょう。

 

しかし、労働局にとりあえず相談すれば、労働局側から会社に圧力がかかり、パワハラやセクハラ、イジメが一時的にでもなくなるかも知れません。

 

ですが、残念ながら高望みは厳禁です。
今の日本で、労働局の力は弱く、実際に従う企業も決して多くはありません。

 

労働局に相談してダメだった場合は、早急に次のSTEPに移りましょう。

 

 

[STEPB]仕事を辞めて、転職先を探す

パワハラやセクハラ、イジメは理不尽なものであり、決して許されるべきものではありません。
しかし、パワハラやセクハラ、イジメに断固として、真正面から戦い続けるのもまた得策ではありません。

 

会社の同僚や上司にも相談し、労働局にも報告をしたければ、何の変化もなかったのなら、自分の身を守るために仕事を辞めて、就職先を探しましょう。

 

「まず、転職先を探してから……」と、仕事探しを優先する人も少なくありませんが、実際のところ、そういった企業では転職先を探させないように、わざと仕事のシフトを多くしたり、わざと業務を多く押し付けたりして、転職するための気力とモチベーションを落とそうとするところがあります。

 

だから、転職先を探す前に、一度、きっぱり仕事を辞めて、精神的にも肉体的にも落ち着いてから仕事をした方が良いかも知れません。

 

☆転職ひとくちコラム「転職ことは内密に!」
転職先を探していることを、ついつい会社の同僚に話してしまいたくなることがありますが、会社にとってアナタが転職する、ということは大損害なので、転職がバレたら、何かしら面倒なことを言ってくる可能性があります。

 

パワハラやセクハラ、イジメで、何の対処もしてくれなかったのに、虫の良い話ですが、そういった身勝手な企業は少なくありません。

 

そういった身勝手な企業に転職のことまで振り回されないためにも、一旦仕事を辞めて、自分の身体と心の傷を癒す期間を設けた方が、結果的に転職活動が上手く行くかも知れませんよ!

 

 

「会社に関わる人間関係に耐えられない!」にはどう対処すれば良い?

ネット上でアンケートを調査を行っている会社「レポセン」の調査では、人間関係が原因で仕事を辞めたいと思って転職した人が、全体の約4分の1もいました。

 

如何に仕事とは言え、最終的には人と人とのお付き合いです。好きな人もいれば、嫌いな人もいるのはしょうがないことでしょう。もちろん「仕事だから」と割り切れる人も多くいますが、限界まで人間関係に耐えられなくなるパターンは少なくありません。

 

例えば……

  • 前カノが違う部署で働いていて、顔を合わす度、気まずい
  • 取引先の課長との接待が嫌で会社を辞めたい


など、人からすれば「何をそんなこと」と思われることでも、当事者からすれば、大変なストレスになってしまうことがあります。

 

それでは、そんな会社内での人間関係のいざこざに対処出来る、アドバイスをこの章では、ご紹介したいと思います。

 

 

[アドバイス@]気にしすぎない

人間は、一度その物事を考えると、その考えた頭の中から離れなくなってしまい、しかも悪い方、悪い方に考えてしまいます。例えば「今日の朝食は何を食べた?」と聞かれて、頭の中になぜか今日食べたハムエッグがいきなりバーンと思い出してしまうように、人間は自分で考えることを、思っているほどコントロールすることができないのです。

 

ただ、その考えを淡々と処理し、感情を切り離すことで、ある程度、ストレスをコントロールすることはできます。

 

会社内で前カノや前カレと合うのがイヤだと思うから気になるワケで、逆に「会ったからって、死ぬわけじゃないし」と割り切ってしまえば、意外に相手と会うことに対して、ストレスを感じなくなることがあります。

 

また、取引先との飲みの席でも「取引先の課長を利用して、キャバクラの子を口説いてやろう」など、イヤな行動でもポジティブな目的を付け加えることで、ストレスが軽減されることがあります。

 

まぁ、この段階で人間関係に悩みがなくなる人は、決して多くはありませんが……。

 

 

[アドバイスA]誰かに相談してみる

パワハラ・セクハラ・イジメと同じく、やはり人間関係のストレスも、誰かに相談することで、何かが変わるかも知れません。

 

「俺、あの人が苦手でさぁ……」という愚痴がきっかけで、「俺も、俺も!」という同志を見つけることが出来る場合もありますし。「そんなにツライなら変わってあげようか?」とイヤ人間関係を解決に導く、お手伝いをしてくれる親切な同僚や上司もいないわけではありません。

 

一番ダメなのは、自分一人で悩むこと

 

人間関係の悩みは、当事者にしかわからないモノがあります。
「こんな事で悩む俺(私)って、社会人失格なのかな……」と悩む必要はありません。

 

会社は小学校や、中学校じゃないんですから「みんなお手々つないで、仲良し」なんてことはありえません。

 

だから、まずは誰かにその悩みを打ち明けてみてはいかがでしょうか?

 

 

[アドバイスB]前向きに転職を考えてみる

人間関係なんて、そう変わるものではありません。
同僚に相談しては見たけれど、やっぱり前カノと会うのは気まずいし、視線が痛い……なんてことは、少なくありません。全く「気にしない」ということも難しいですし、アナタ一度"苦手だ"と思ったものを、第三者が変えることは、ほとんど不可能です。

 

苦手意識を持ってしまったら最後、よほど相手と親しくならない限りは、人間関係は変化しません。

 

そんな人間関係がギクシャクした状態で働いても、ストレスばかりが増えるだけで、1つも良いことなんてありませんよ!

 

いっそ、前向きに転職を考えて、新しい職場で新しい人間関係を構築した方が、自分の人生にとってプラスになるかも知れません。

 

 

☆転職ひとくちコラム「転職するなら、今がチャンス!」
「転職したら、次の仕事が見つからないんじゃ……」とついつい思いがちですが、今の時代、むしろ転職した方が、有利に物事が進むことが多いんです!

 

内閣府の調査によると、有効求人倍率は上昇し続けており、2016年の新規求人倍率は1.91倍と、高い水準です。2016年の平均有効求人倍率は1.20倍でしたが、アベノミクスの影響か、ここに来て転職市場は、転職する側に有利に働いているのです。

 

人間関係が原因で、仕事を辞め、転職先を探すことになったとしても、一昔前のように就職先で悩むことは、今の時代、どうやら無さそうです……!

 

 

「給料・仕事内容・転勤に納得いかない!」にはどう対処すれば良い?

今の時代、就職先を変えない限りは、給料が上がることは難しい時代になってしまいました。年功序列型の賃金制度が変化を始めてから、早15年ほどの月日が経とうとしています。

 

今でも年功序列や勤続年数によって、給料が上がることがありますが、実力がある人は自分の力でバンバンお金を稼ぐ時代に変化しています。

 

つまり、給料の不満の多くは仕事を変えない限り変わらないという時代なのです。

 

また、仕事内容や、転勤・移動に関しても、自分が納得するようにしたいのなら、自分でどうにかするしかありません。それでは「給料・仕事内容・転勤に納得いかない!」場合は、どういった心構えで、望めば良いのでしょうか?

 

 

[心構え@]自分の意志は曲げない

給料のこと、仕事内容のこと、転勤・異動のことすべて「とりあえず、我慢しよう」とついつい我慢して、それが日常化してしまい、仕事心の中に不満を溜め込む生活をしてしまうものです。

 

しかし、そこで諦めてしまうと、ズルズルと現状維持を続けてしまうので、あえて自分の意志は曲げないようにしましょう。

 

「無理だったら辞めてやる!」ぐらいの気持ちで、上司や会社と交渉し、それでも無理だったら、さっさと辞めて次の会社を探せば良い、それぐらいの気持ちで臨んだ方が、交渉が上手く行く場合があります。

 

とりあえず、今の会社が自分に見合わないと思うなら、強気な態度で自分の意思を曲げす交渉しましょう。

 

 

 

[心構えA]転職先も同時進行で探しておく

会社に対する、さまざまな不満が渦巻いている、ということはアナタはビジネスマンとして、かなり高いレベルにある人間です。

 

「俺は(私は)こんなところで終わる人間ではないはずだ!」と思っているのなら、今いる会社だけで自分の可能性を終わらせてしまっては、もったいない。今の会社が
アナタに満足行くお給料と仕事内容を与えてくれる可能性は、自分にあった転職先を見つける以上に低い確率です。

 

ほとんどダメ元で、今の会社と交渉するぐらいなら、先手を打って、転職エージェントなどに登録し、自分を満足させる転職先も今の時点で探しておくべきではないでしょうか?

 

仮に、今の会社がアナタを正しく評価し、給料や仕事内容、転勤・移動がなくなれば、万々歳ですし、そうでなかったとしても、すでにこちらは転職先を見つけているのですから、ダメージは一切ありません。

 

ちょっとズルイやり方のように思えますが、自分の将来のためを思うなら、むしろコレぐらいはやっておくべきかも知れません。

 

 

[心構えB]さらに上を目指す!

給料のことだけでなく、会社の将来性が心配だ。
もっとキャリアを積んで、キャリアアップしたい――という思いも、多くの人は求めています。

 

大手転職サイト「マイナビ」のニュースサイトでは男女250名に「あなたにとっての『キャリアアップ』とは何か」を訪ねたところ、もっとも多く寄せられた解答が「給料」に直結することだったそうです。

 

このように、キャリアアップの影には給料のアップあり。ただ根っこは給料や仕事内容、転勤・異動の悩みかも知れせんが、アナタが求めているものは、もっと自分を活かせる職場なのではないのでしょうか?

 

ただ給料が上がることだけに満足することができない、という人は更に上のキャリアを目指すべきでしょう。強気な態度で、会員制の転職サイトを利用して、一般の転職市場ではお目にかかれないような、企業にコンタクトを取る――というのも、1つの方法です。

 

現状に満足できないのなら、その上昇志向を武器に、さらに上を目指しましょう!

 

 

☆転職ひとくちメモ「ヘッドハンティングを狙うより、スカウトを!」
キャリアアップの方法は、何も「転職」だけではありません。ヘッドハンティングを狙うという方法もあります。ある程度、高い水準の安定した売上を持ち、業界内で少しは、その名を知られる存在の方の場合は、大手企業からヘッドハンティングの誘いが来ることがあります。

 

ただヘッドハンティングは、誰もが経験することではないので、ヘッドハンティングを待ち続けるという方法は、得策ではありません。むしろ「スカウト」機能を利用した方が、手っ取り早いでしょう。

 

アナタの実力に応じて、会社側から「アナタを雇いたい」と連絡が入るスカウト機能を兼ね備えた転職サイトを利用すれば、アナタが思いもよらなかったような大手企業から、スカウトが来ることがあります。

 

自ら行動するのも1つの方法ですが、座してスカウトを待つのも、優秀な人材に許される、もう1つの転職方法と言えるでしょう。

 

 

転職に対するQ&A 転職について正しく知ろう!

就職は人生のビッグイベントですが、転職もまた人生を変えるビッグイベントです。
しかし、就職よりも、転職がやっかいなのは今ある収入と地位が一旦リセットされてしまう危険性があるということです。

 

未だに日本人は、1つのところに長く勤めることを美徳としているところがあり、外資系でもないかぎり、ポンポンと転職する人は、敬遠される――と勘違いしています。

 

また、40代、50代になったら「就職先は見つからない」と誤解している人も少なくありません。

 

確かに「転職」という言葉が一般的になるまでは、転職に対して悪いイメージを持つ企業の方が多かったです。しかし、今や1度や2度は転職をしているのが当たり前の時代になりました。

 

むしろ、キャリアアップをするための手段として、転職が推奨されている節すらあります。

 

ということで、この章では転職に対する誤解を解くために、転職に対する疑問をQ&A形式で答えて行きたいと思います!

 

 

Q.会社を辞めたくっても、辞められません。どうすれば良いですか?

A.「職業選択の自由」は憲法で保証されている個人の権利です。会社を辞めることは犯罪でも、なんでもありません。

 

【解説】

ブラック企業の中には、退職しようとする人間に対し、自分たちの都合の良い人物をつなぎとめて置くために「退職なんてできない」「業務の引き継ぎをやってから、やめろ」と、あれこれ会社を辞めないように、脅しに近いことをしますが、気にする必要は一切ありません。

 

アナタが会社を辞めるのは、憲法で保証された個人の権利です。
仮に、弁護士にこちらが訴えれば、労働基準法違反で、会社側が不利になります。

 

また「退職前、3ヶ月以上前に〜」と言った勧告も、あくまで会社内だけの決め事で、法的義務は、全くありません。

 

あまりにも劣悪な環境なら、辞めたい時に、辞めてもアナタに何の落ち度もないんですよ!

 

 

Q.どの企業も人手不足だって本当ですか?

A.本当です!どの業種も、どの企業も人手不足で困っています。

 

【解説】

「失われた20年」と言われ続けていますが、日本経済は諸外国と比べれば、異常なほど屈強で、アベノミクスの効果もあってか、有効求人倍率は2016年で1.20倍。2016年の12月で、1.90倍という、非常に高い数値を記録しました。

 

どの業種でも人手不足であり、年齢に関わらず就職しやすい状況になっています。

 

また専門的な職人的な人を求める企業も少なくないため、40〜50代の人もチャンスがあります。

 

 

Q.自分の就職市場価値は、どうやったらわかる?

A.まずは、就職サイトに相談を!

 

【解説】

自分の価値を正しく測るのは簡単なことではありません。
客観的に、自分がどの程度の人材なのかを調べるためには、就職サイトを利用することをおすすめします。

 

就職サイトでは、それぞれ独自のデータや経験ももとに、その人の就職市場での価値を算出します。そして、その算出した結果、アナタにあった企業を就職サイトは紹介してくれるのです。

 

「転職するかどうか、まだ分からないけれど、自分の価値を知りたい」という方の利用も大歓迎なサイトが、ほとんどなので、とりあえず転職サイトに登録して、自分の価値を確かめてみてはいかがでしょうか?

 

 

Q.転職するまでの、お金が心配です……。

A.申請すれば「失業保険」が一定期間もらえます。

 

【解説】

日本には仮に、失業してもしばらくの間、国が面倒を見てくれる「失業保険」というものがあります。

 

会社を退職後、ハローワークにて、手続きを行い面接などを行うことで、国から失業保険として、お金を受け取ることが可能です。なお、支給額や支給期間は人によって異なるので、最寄りのハローワークにお問い合わせください。

 

 

Q.40代ですが、転職できるでしょうか?

A.ご安心ください!アナタの経験が求められています。

 

【解説】

先述した通り、40代、50代、ヘタをすると技術をもった60代でも、転職は可能です。
転職内容は、当然人によって異なりますが、転職サイトでは40代以降の方向けのモノもあり、年齢はあまり関係なくなっています。

 

また、この年代の方が気になる年収に関しても、下がるどころか上がる場合もあるので、とりあえず就職サイトに登録することから、はじめましょう。

 

 

Q.転職サイトを使うのに、お金はいりますか?

A.転職サイトは基本無料です!

 

【解説】

今や「転職」とインターネット上で検索すると、さまざまなサイトが表示されます。
そして、そのほとんどが無料です。

 

基本的に転職サイトのシステムは、企業の方から就職サイトにお金を払って、その支払われたお金で、就職サイトは人材を募集したり、広告を打ったりしているわけです。

 

つまり、就職サイトのシステム上、基本的に転職サイト利用者からお金をもらうことは、ほとんどないのです。だから、安心して転職サイトを利用してくださいね!

 

 

Q.転職サイトとハローワーク、どっちが良いですか?

A.断然、転職サイトがおすすめです!

 

【解説】

未だに、多くの人がハローワークを利用していますが、今や転職サイトの方が、就職先も多く手軽です!

 

就職サイトには、ハローワークにも出ない、就職市場にも出ない「限定求人」という、ハローワークには絶対に出ない求人があるだけでなく。ハローワークには並ばないような、外資系の求人や、専門性の高い求人が取り揃えられています。

 

しかも、先述した通り、転職サイトの利用はハローワークと同じく無料です。

 

また、今の時代、インターネット上から、求人に応募することが可能なので、仕事勤めをしながら、転職先を探す際にも、転職サイトは非常に便利!

 

ハローワーク以上に使える転職サイトを、むしろ使わない理由がありません。

 

 

Q.はじめての転職が不安です……。どうすれば良いですか?

A.転職サイトでは、転職アドバイザーによるアドバイスや面接対策講座があるから、ご安心ください。

 

【解説】

はじめての転職で、何をやって良いのかわからない。面接対策や入社テストなど、どんなシステムになっているのか、履歴書はどうやって書けば良いのかわからない――そんな不安を抱えている方は、少なくありません。

 

しかし、ご安心ください。
転職サイトでは、転職アドバイザーによるアドバイスが貰えるようになっており、ネット上だけでなく、実際に転職アドバイザーと面談して、より自分にあった転職先を探すアドバイスを貰えることがあります。

 

しかも、転職アドバイザーによるアドバイスは無料です。

 

はじめての転職で不安なら、ハローワークよりも、転職サイトを利用した方が、安心して転職活動を行うことができますよ。

 

 

Q.転職サイトの「スカウト機能」ってなんですか?

A.アナタが登録した情報を元に、企業側がアナタを「雇いたい!」とスカウトを出す機能のことです。

 

【解説】

スカウト機能とは、就活サイトを利用している企業側が登録した人の情報をもとに「雇いたい」と思った人に、スカウトメールを送り、自分の会社に面接をお願いするという機能です。

 

多くの転職サイトで採用されているシステムで「スカウト機能」とも「逆求人」とも言われます。

 

最初から、企業側から「アナタを採用したいですよ〜」というウマのメッセージが届くため、成約率が高いだけでなく、ワンランク上の企業から声がかかることや、自分では思いもよらなかった企業から、就職の誘いが来ることもあるシステムです。

 

多くのサイトで採用されているシステムですが、就活サイトに登録した側は、何もする必要がないので「転職を本気で考えているわけではないけれど……」と消極的に就活をしたい人は、転職サイトに登録して、スカウトが来るのを待ってみませんか?

 

 

就活はもう怖くない!就活サイトを使って賢く転職♪

「仕事を辞めたい」と思っているのにも関わらず、いろいろなしらがみが邪魔をして、思うように転職できない……という人は少なくありません。

 

しかし、楽しくもない、ツライことしか無い職場で、我慢し続ける意味はあるのでしょうか?

 

我慢は身体に良くないのは当たり前ですが、働きたくもない職場で働きつづけることで、鬱病のリスクは跳ね上がりますし、その他の精神疾患などの病気になりやすくなります。

 

シェークスピア曰く「楽しさのない所には何の得もない」だそうです。

 

楽しさも、何もない職場でずっと働き続けても、自分が疲れていき就活する気力すらなくなってしまい、そのままズルズルと悪い方向に引っ張られ、自殺や過労死など、昨今のニュースを騒がせる最悪の結末が待ち受けているとも限りません。

 

そんな最悪な自体を避けるためにも、楽しさのない職場とは、さっさとおさらばして、新しい職場を探しましょう。

 

今の転職市場は、転職者に有利な状態になっています。
有効求人倍率を見てもわかるとおり、その気になればどんな仕事でも、何歳からでも挑戦出来る時代に、日本は変わったのです。

 

しかも、日本政府の意向で、ブラック企業を撲滅する方向に舵が取られており、今のブラック企業で働き続けるよりも、転職して、ホワイト企業に勤めた方が、自分の将来のためにも、家族のためにも、良い方向に進むはずです。

 

「でも、転職できるか心配で……」という方は、とりあえず無料ですし、就活サイトに登録だけでもしてみませんか?

 

もしかすると、登録したことがきっかけで自分が働きたかった憧れの企業から、スカウトが届くかも知れません。

 

ただし、就活サイトに登録しなければ、そのチャンスする作ることはできません。このまま辞めたい会社で働き続けて、身体を壊すか。それとも、可能性溢れる転職市場に、一歩踏み出すか。

 

アナタは、どっちの選択肢を選びますか?